テレビ周りには工夫がたくさん ~リノベーション施工事例(浜松市中区葵西)⑨

TEL : 053-570-8686

メガメニュー を閉じる

バルハウスWEBマガジン
(ブログ&ニュース)

家づくりについて

2019/04/25

テレビ周りには工夫がたくさん ~リノベーション施工事例(浜松市中区葵西)⑨
 写真

「間接照明だけでテレビを観ると、すごく雰囲気がでますよ」

和風住宅を洋風にリノベーションした浜松市中区葵西の施工事例をご紹介してきました。今回が9回目です。

今回取り上げるのは、工夫が凝らされたテレビ周りです。

その使い勝手について、お話を伺いました。

(バルハウス代表・2級建築士 宮下和晃)

アイアンのテレビ台

(奥様)自分たちでテレビ台を買うこともできますが、宮下さんが「ここもアイアンでつくりませんか?」と提案してくれました。

(宮下)本格的なテレビ台をつくると、結構な金額になってしまいますので、アイアンで何にでも使える棚を付けるのがいいかなと考えました。

(奥様)子どものおもちゃなんかも片付けられて便利です。

(奥様)あと、テレビの上の方をゴチャゴチャさせたくないというのが旦那の希望でした。それで宮下さんが天井に近いところに木を使ってスッキリと見せて、間接照明を付けてくれました。

(宮下)テレビの上が何もない空間だと、少し間延びしてしまうので、そうしました。

(奥様)夜、間接照明だけをつけてテレビを観ると、すごく雰囲気が出ていいですよ。

ニッチ収納のマガジンラック

(奥様)キッチンのテレビ側にマガジンラックをつくりました。いろいろなブログなんかを見ていて「めっちゃおしゃれじゃん!」と思って、自分の家にも付けたかったんです。

(宮下)子どもが本に興味を持つためには、本の表紙を出しておくといいという話を読み聞かせの先生から聞いたことがあります。たしかにこういう置き方をすれば、子どもは手に取りますよね。

1〜8回目のご紹介はこちら:https://www.balhaus.jp/blog

Y様、ありがとうございました!