絶対に空気がキレイな家にしたかった。珪藻土のチカラ ~リノベーション施工事例(浜松市中区葵西)⑧

TEL : 053-570-8686

メガメニュー を閉じる

バルハウスWEBマガジン
(ブログ&ニュース)

家づくりについて

2019/04/23

絶対に空気がキレイな家にしたかった。珪藻土のチカラ ~リノベーション施工事例(浜松市中区葵西)⑧
 写真

「湿気が全然こもりません」「ニオイがすぐ消えます」

和風から洋風にリノベーションした浜松市中区葵西の家をご紹介しています。

8回目の今日は、バルハウスでおススメしている珪藻土の内装材のお話です。

壁や天井に珪藻土を使った家に暮らしてみて実感できるのが、珪藻土が持つ調湿性能と消臭力です。

奥様に珪藻土の快適さをお尋ねしました。

(バルハウス代表・2級建築士 宮下和晃)

絶対に空気がキレイな家にしたかった

(奥様)前に住んでいた家は湿気とカビがすごくて、家を建てるなら絶対に空気がキレイな家にしたいと思っていました。だから、宮下さんがすすめてくれた珪藻土には期待してました。壁だけじゃなくて天井も珪藻土にしました。実際に生活してみると、湿気が全然こもりません。梅雨時でもそうです。カビで困ったこともありません。

(宮下)湿度がコントロールされているので、結露を防げるんですね。その結果としてカビやダニの発生を抑えられます。健康な暮らしにつながるので、特に小さなお子さんのいる家にはオススメしているんです。

ニオイがすぐ消える

(奥様)珪藻土だと食べ物なんかのニオイもすぐ消えますね。実は、1階には珪藻土を使っているんですが、2階は普通の壁紙なんです。1階と2階を比べると、やっぱり1階の方が空気がキレイだと感じます。

1〜7回目のご紹介はこちら:https://www.balhaus.jp/blog