株式会社バルハウス

浜松市近郊で注文住宅・リフォーム。
ちょっとオシャレで、ちょっとカッコイイ等身大のバルハウスの家。

TEL : 053-570-8686

浜松市近郊で注文住宅・リフォーム。
ちょっとオシャレで、ちょっとカッコイイ
等身大のバルハウスの家。

メガメニュー を閉じる

バルハウスWEBマガジン
(ブログ&お役立ちコラム)

家づくりについて

2020/07/07

サラサラ、涼しいLDK ~リフォーム施工事例(浜松市西区篠原町)⑤
 写真

リフォームによって子育て世帯親世帯の生活空間を分けたS様邸(浜松市西区)の事例をご紹介しています。
今回は、バルハウスがおすすめしている内装の塗り壁珪藻土)と無垢の床板のお話です。
S様ご夫婦に住み心地をお聞きしました。
(バルハウス代表・2級建築士 宮下和晃)


 
色味が明るくサラサラの床
(宮下)リビングの床に使っている木はオーク材です。
(ご主人)無垢なので感触がいいですね。
(奥様)サラサラしていて、湿度が高めの日でもベタベタしません。心地いい床の上で子どもたちは走り回ったり、テレビを観ながら踊ったりしています。


 
ジメジメがなく、風が通って涼しい
(ご主人)5月に入居して、まだそれほど雨の日を経験していませんが、ジメジメした感じがないですね。塗り壁の効果かなと思います。(※S様にお話を伺ったのは梅雨入り前でした)
(奥様)リフォーム前は5月でも暑さを感じていましたが、今は涼しいですね。
(ご主人)以前は部屋が細かく区切られていたこともあったでしょうね。リフォームした後は広いLDKの中を風が通り抜けるようになりました。
(宮下)これから湿気が多い季節になりますが、珪藻土には調湿効果があるので、結露を防げます。湿度を抑えられるとカビやダニが発生しにくくなるので、小さなお子さんのいる家には特にオススメしているんです。

1~4回目のご紹介はこちら:https://www.balhaus.jp/blog

《予約》随時受け付けています。
●バルハウス展示場
●建築現場・完成邸のご案内