裸足でもサラサラの無垢床。関心があるなら新築時にオール無垢がおすすめ

TEL : 053-570-8686

メガメニュー を閉じる

バルハウスWEBマガジン
(ブログ&ニュース)

家づくりについて

2019/06/27

裸足でもサラサラの無垢床。関心があるなら新築時にオール無垢がおすすめ
 写真

夏の暑さで疲れたら、せめて休日くらいは床でゴロゴロして過ごしたいですよね。

でも、僕は汗や湿気でベタベタするのは嫌いです。

だからゴロゴロする床は無垢材に限りますね。

もともと素材感が気持ちいいですし、暑い季節に裸足で歩いてもサラサラです。

 

反対に床がヒヤッとするとイヤだな…という季節にはあたたかみを感じられるのも無垢材のいいところです。

 

施工は新築のときがおすすめ

新築時には本当の木ではない建材を使って、リフォームするときに無垢材にしようとお考えの方もいると思います。

でも、無垢材に関心があるなら、家を建てるときオール無垢材にすることをおすすめします。

たしかに初期コストは少々上がります。しかし、木に触れて安らぎを感じられる暮らしにはそれだけの価値がありますよ。

それに、一般的に普及している建材の床は薄い板を何層にも重ねて接着してあるので日光や経年によりめくれたりするんです。そうなってから床をリフォームしようとすると、床を剥がすのが大変ですし、工事中の生活の不便さも馬鹿になりません。

また、そのような建材の表面にはつるつるの塗装が塗ってあります。だから、肌が触れるのは木ではなく、塗膜なんです。

 

事務所兼モデルハウスで確認してみてください

床を無垢にするなら新築のときから。

ご相談や無垢床の見学は、バルハウスの事務所兼モデルハウス(浜松市西区西都台町)で承ります。

ご予約お待ちしております。

(バルハウス代表・2級建築士 宮下和晃)