株式会社バルハウス

浜松市近郊で注文住宅・リフォーム。
ちょっとオシャレで、ちょっとカッコイイ等身大のバルハウスの家。

TEL : 053-570-8686

浜松市近郊で注文住宅・リフォーム。
ちょっとオシャレで、ちょっとカッコイイ
等身大のバルハウスの家。

メガメニュー を閉じる

バルハウスWEBマガジン
(ブログ&お役立ちコラム)

家づくりについて

2020/10/13

テーブルのウレタン仕上げも選択肢の1つですね
 写真

無垢材のテーブルをオイル仕上げにするか? ウレタン仕上げにするか?

僕は自然塗料のオイルで仕上げることが多いんですが、ウレタン塗装もメリットがあるので迷うときがあります。

■表面を保護してくれます

ウレタン仕上げのいいところと言えば、表面の保護ですね。

テーブルがウレタンの透明な膜で覆われているので、飲み物をこぼしてしまっても水をはじいてくれます。サッと拭くだけで片づけが完了です。

コーヒーのように濃い色が木に染み込む心配もありません。

小さなお子さんがいたり、どうしてもテーブルを汚したくなかったりする場合はウレタン仕上げも考えるといいかもしれません。

■つや消しのウレタン塗装もできます

ウレタン仕上げはツルツル、テカテカするイメージがありますが、つや消しの塗料を使えばそれほど気になりません。

つや消しならキレイな木目の味わいを残せます

パッと見た感じでは自然塗料のオイル仕上げとの差がわからないかもしれません。

■好きな色で塗れます

木目が消えるベタ塗りがいいという場合、自然系の塗料よりウレタン塗料の方が好きな色をつくりやすいですね。

■小さな穴が広がってしまう欠点も

ウレタン仕上げの欠点としては、ウレタンの塗膜に小さな穴が開くと、そこから塗膜が割れていってしまうかもしれないことです。

穴に水分が入ったりすると、そこからボロボロになっていくんですよね。

無垢材のテーブルをウレタン塗装で仕上げるメリットについてご紹介しました。

自然塗料(オイル)仕上げ? ウレタン仕上げ? と迷っている方は、バルハウスに相談してくださいね。

(バルハウス代表・2級建築士 宮下和晃)

《予約》随時受け付けています。
バルハウス展示場
建築現場・完成邸のご案内